記事一覧

既成概念の枠に収まらない“特別なカタチ”の時計のもつ引力

人とは違う自分らしい時計。それは丸形でも、角形でも結構だ。だが、時計という既成概念の枠に収まらないカタチがある。遠目からでも視線を集める、誰もを魅了する“特別なカタチ”の腕時計をご紹介。前編に続き、今回は後編。

CENTURY
センチュリー/プライムタイム
十二角形で表現された“時の宝石”



SS×サファイアクリスタルケース、38.5mm径、自動巻き。58万円/センチュリー銀座店 03-6278-8975
メンズウォッチには珍しい正十二角形のサファイアケース。ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つサファイアクリスタルに手作業でカッティングを施したという、その美へのこだわりに驚く。

2種類のサファイアを一体化させる技法はセンチュリーが長きにわたり得意とし、社名に入る「タイムジェムズ」の名のとおり“時の宝石”そのもの。最新作はスケルトンダイヤルが個性に華を添える。

GRIMOLDI
グリモルディ/G.T.O.
随所にモータースポーツのエッセンスが宿る流線フォルム



SSケース、縦57.95×横36.4mm、自動巻き。28万5000円/ユーロパッション 03-5295-0411
オーバルケースを特徴とするイタリアブランドのモデル名は、あのGTカーとイタリア語「Gran Tipo Ovale(=大きな楕円形)」を掛け合わせたダジャレ!

手首に沿うようにカーブをしたケースの、ほぼ直線が存在しない流麗なフォルムは、空気力学を考慮したまさにGTカーさながら。

レザーストラップでクルマの内装デザインを表現する遊び心も楽しい、伊達な個性派時計だ。

MECCANICHE VELOCI
メカニケ・ヴェローチ/クアトロヴァルヴォレ トゥールビヨン
お馴染みの「4つ窓」に現れたトゥールビヨン



今冬発売予定。K18PGケース、49mm径、自動巻き。1100万円[予価]/ビックグローブ 03-3401-8006
エンジンのシリンダーに見立てた大型ケースと4つのダイヤルが特徴の「クアトロヴァルヴォレ」。

そんなユニークなビジュアルのモデルが、このたびトゥールビヨンを搭載! 3つの時計表示はそのまま、右下の枠に秒針を動かすトゥールビヨンのキャリッジが収まる作り。

さらにペルラージュが施されたムーブメントが覗くスケルトンダイヤルも、この迫力に拍車をかけている。

HUBLOT
ウブロ/アエロ・フュージョン クロノグラフ オーリンスキー キングゴールド
現代アーティストがウブロの個性をさらに輝かせる



8月発売予定。世界限定200本。K18キングゴールドケース、45mm径、自動巻き。400万円[予価]/ウブロ 03-3263-9566
カクカクと、随所に切子のようなファセット加工が施された、なんともキュービックなアエロ・フュージョン。

こちらは、フランス人現代アーティストのリチャード・オーリンスキーがデザインを担当。これまでありそうでなかった独創的な仕上がりだ。

見事なエッジを立たせた独自素材キングゴールド製ケースが光を受けることでキラキラと輝く。まさに、オーリンスキーのセンスとウブロの技術が絶妙に融合した1本といっていい。


【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

ダイアル全面が発光するボヴェの新作「ヴィルトゥオーソ Vlll チャプターⅡ」を披露

より現代らしく随所をアレンジ
 ボヴェは2021年の新作「ヴィルトゥオーソ Vlll チャプターⅡ」の新しいバリエーションを発表した。ベースとなったのは20年に発表されたモデルだが、もともとのクラシカルな外観から大幅にアレンジされており、より先進性を感じさせる仕様となっている。



ボヴェ「ヴィルトゥオーソ Vlll チャプターⅡ」
手巻き(Cal.17BM06-GD)。1万8000振動/時。パワーリザーブ約240時間(約10日間)。Ti+DLCコーティング(直径44mm)。30m防水。各色(グリーン、ブルー、イエロー、パープル、サーモン)8本限定。2673万円(税込み)。
 18Kレッドゴールドのケースにアベンチュリンガラス製のダイアルを組み合わせた昨年のモデルは、重厚感あふれる外観だった。スーパーコピーその発表から約1年が経過し、今回の最新モデルではそのイメージを一変。8の字を描くような独特の形状を持つダイアル全面にスーパールミノバが塗布され、ブラックカラーのDLC(ダイヤモンド ライク カーボン)コーティングを施した、軽量なチタン製のケースを採用したのだ。

 近年のボヴェでは、ムーンフェイズの月面やモチーフを描いたアーティスティックなダイアルの一部にスーパールミノバを取り入れてきたが、今作ほど大胆に塗布したのは初の試み。十分に光を溜めて暗闇に移ると、まったく異なる表情を見せる。カラーバリエーションはイエロー、ブルー、サーモン、ターコイズ、グリーン、バイオレットの5色を用意し、それぞれが8本のみ作られる非常に稀少性の高い作品である。



暗闇で発光するダイアルは、新しさを象徴すると同時に視認性を高める効果ももたらす。8の字型のサブダイアルのうち、左側は約10日間のパワーリザーブ、右側にはビッグデイトを示しており、6時位置のワンミニッツトゥールビヨンの周りには60秒を示すための発光リングがある。
 ビッグデイトを構成するディスクは小さなサブダイアルの下に隠されており、1の位・10の位を表示するディスク同士の間隔を極限まで減らすことで、機構の省スペースを図ったという。またこのデイトの調整は、リュウズを押すことで簡単に操作できることも特筆すべき点である。

 本作に搭載するCal.17BM06-GDは使いやすさを重視した画期的な機械だ。ロレックス デイトナ コピー香箱ひとつで約240時間(約10日間)ものパワーリザーブを保持し、その長いゼンマイを楽に巻き上げるために「スフィリカル・ディファレンシャル機構」を搭載。かさ歯型のピニオンギアを含む多重構造は、特許を取得したボヴェ独自のメカニズムである。



トランスパレント仕様のケースバックからは、Cal.17BM06-GDの姿を存分に鑑賞できる。ブラックDLCのケースに合わせ、ムーブメントの地板や受けに施したコーティングのトーンを暗めにしている。
 細部まで美しい仕上げを施したこのムーブメントを収めるチタン製のケースは、ポケットウォッチから着想を得た12時位置に“ボウ”を持つ形状。着用時の視認性を少しでも高めるために、12時側から6時側へ傾斜させた「ライティングスロープ型」を採用しており、これはブランドオーナー パスカル・ラフィ氏考案の独自形状だ。


【関連記事】:毎日大人気商品