記事一覧

2021新作 アイアンマンとブライトリングが提携、「エンデュランス プロ アイアンマン」が登場


アイアンマンの新しいオフィシャルラグジュアリーウォッチとして、ブライトリングがこの驚異的なスポーツイベントを支えるパワーとスタミナを称え、新しいシリーズの時計を発表しました。

 ブライトリングとアイアンマンは長期的なパートナーシップを結び、ブライトリングの究極のアスレジャーウォッチ特別シリーズ「エンデュランス プロ アイアンマン」を共同でデザインしました。その結果、高精度、革新的な技術、鮮やかでカラフルなデザインを兼ね備えた、軽量で軽快なラグジュアリースポーツウォッチが誕生しました。発表されたのは、2つのエキサイティングな新モデル。レッドバージョンは、スポーツや時間計測を好む人たち向けでブライトリング ブティックや正規販売店、www.breitling.comで世界的に販売されます。ブラック&ゴールドバージョンは、IRONMANRレースを完走する方々向けに限定販売。さらに、アイアンマンコミュニティのためのモデルが、今後数ヶ月のうちに追加発表される予定です。

 2019年、ブライトリングとアイアンマンは、「ブライトリング スーパーオーシャン アイアンマン リミテッド エディション」を発表し、大成功を収めました。今回、ブライトリングがアイアンマンの新しいオフィシャルラグジュアリーウォッチとなり、この新しいパートナーシップは長期的なコラボレーションの始まりとなりました。

 ブライトリングUSA代表のティエリー・プリセールとアイアンマングループ代表でCEOのアンドリュー・メシックにより、このパートナーシップと新作時計の初披露を祝福する特別イベントが、2021年6月15日夜ビバリーヒルズのブライトリングのブティックで開かれました。出席したスペシャル・ゲストは、アイアンマン殿堂入りを果たした、1997年度アイアンマン世界チャンピオンのヘザー・ファー。アイアンマンのアンバサダーで、ダウン症の人で初めてアイアンマンレースを完走した、クリスニキック。アイアンマン殿堂入りを果たしたボイス・オブ・アイアンマンのマイク・ライリー。そして、プロ・アイアンマン・トライアスリートのベン・ホフマン。彼は新しいウォッチと、最近締結したブライトリングの米国でのローカル・アンバサダーとしてのパートナーシップを祝いました。2007年にプロに転向して以来、ホフマンは数々のアイアンマン、アイアンマン70.3、そして全米選手権で優勝を果たしてきました。

「アイアンマンは、パフォーマンスと持久力という私たちのコアバリューを反映しています。エリートアスリートにとって理想的なウォッチとなるよう、またパフォーマンスとラグジュアリーのコンビネーションを求めるアクティブな方々にとってカジュアルでデイリーなスポーツクロノグラフになるようデザインしました」とブライトリングのジョージ・カーンCEOは述べています。

 目を見張らずにはいられないこのウォッチは、アイコニックなアイアンマン トライアスロン シリーズのエネルギッシュで多彩な精神を見事に表現していると、カーンCEOとアイアンマングループのアンドリュー・メシック社長兼CEOは声を揃えます。

「高い評価を受けている優れた時計メーカーとのパートナーシップを継続できることを光栄に思います。2019年の成功裏に終わったコラボレーションの後もブライトリングと提携し、アイアンマン・トライアスロン選手の強さと不屈の精神を体現したこの新しいウォッチを作ることができて嬉しく思っています」とメシックは語ります。



#SQUADONAMISSION
 ブライトリングのトライアスロン・スクワッドの3人は、世界各地のアイアンマン・トライアスロン大会で輝かしい功績を収めてきました。ドイツ人トライアスロン選手ヤン・フロデノは、2008年のオリンピック金メダリストであるだけでなく、3度アイアンマン世界チャンピオン、2度IRONMAN 70.3®世界チャンピオンに輝いています。彼は2019年のIRONMAN World Championship®で総合タイムの新記録を達成し、7:51:13で優勝しました。

 ブライトリングの本拠地であるスイス出身のダニエラ・リフは、IRONMAN 70.3®世界選手権で5回、アイアンマン世界選手権で4回優勝しています。

 3人目のスクワッドメンバーは、オーストラリア出身のクリス・「マッカ」・マコーマックです。2007年と2010年の2度にわたり、アイアンマン世界選手権で優勝しています。また、2012年ITU長距離世界選手権でも優勝しています。

 アイアンマン・トライアスロンレースは、水泳2.4マイル(3.8km)、自転車112マイル(180km)、ランニング26.2マイル(42.2km)の3種目を1日で競う世界で最も過酷なレースです。



究極のアスレジャー
 新作「エンデュランス プロ アイアンマン」コレクションは、アスリートだけでなく、究極のアスレジャーウォッチを求めるラグジュアリーなお客様にもおすすめです。

 44mmのケースは、チタンの約1/3、スチールの約1/6の軽さでありながら、非常に高い硬度を持つブライトライト®を使用しています。ブライトリング独自のこのハイテク素材は、傷や摩擦、腐食に対して非常に高い耐性を誇ります。オリス時計修理熱安定性、非磁性、低刺激性も有し、メタルよりも温かい触感です。

 このモデルを駆動させるのは、COSC公認クロノメーターの温度補正機能付きSuperQuartz™ムーブメント、ブライトリング・キャリバー82。通常のクォーツに比べて10倍の精度を持ち、約3~4年の電池寿命を有します。

 両方向回転ベゼルには方位が刻印されています。リューズは指の感覚だけでそれと認識できるように成型されており、つまみやすく、操作性に優れています。時分針はスーパールミノバ®でコーティングされ、どんな条件下でも時刻をはっきりと読み取ることができます。また、視認性を向上させるデザインとして、スモールセコンドのサブダイヤルのほか、1/10秒および30分のクロノグラフカウンターも配されています。このモデルの防水性は10気圧(100m/330フィート)です。

 現在2つのバージョン、エンデュランス プロ アイアンマンとエンデュランス プロ アイアンマン フィニッシャーがあります。エンデュランス プロ アイアンマンは、レッドのダイヤル、ブラックのインナーベゼル、パルスメーター目盛りが特徴です。このウォッチは、レッドのラバーストラップ、ブライトライト®製ダブル穴留め式バックルの組み合わせです。ブライトリングの刻印ではなく、ユニークなアイアンマンの刻印が施されています。エンデュランス プロ アイアンマン フィニッシャーは、ブラックにゴールドのアクセント。

 アイアンマンを完走したアスリート向けです。このバージョンは、アイアンマンのチャネルのみで販売されます。ケースバックにはアイアンマン フィニッシャー シリーズの特別な刻印が施されています。

 オリジナルのエンデュランス プロは、1970年代に発売されたカラフルで驚くほど軽量のブライトリング スプリントからインスピレーションを得ています。パルスメーターを搭載していたため、心拍数を計測したいアスリートに最適でした。

【おすすめの関連記事】:http://michqmq.top

カルティエ(Cartier)時計玄人が賞賛。

「カルティエ」は1847年に生まれたフランスのファッションブランド。ハリーウィンストン・ブルガリ・ティファニー・ヴァン クリーフ&アーペルと並び、世界5大ジュエラーのひとつにも数えられるなど世界的な知名度を誇ります。

カルティエの腕時計は、スクエアフェイスが特徴の「タンク」や、ベゼルにビスを打ち込んだ「サントス」シリーズが人気。ユニークでエレガントな高級腕時計を探している方におすすめのブランドです。



18Kピンクゴールド製のスクエアケースを採用した高級腕時計です。ベゼルに142個のダイヤモンドを敷き詰めているのが特徴。光に当たるとダイヤモンドが輝き、エレガントな雰囲気を演出します。

ローマ数字をあしらったレトロな雰囲気のインデックスもおしゃれ。ムーブメントは自動巻きで、6時位置には日付表示用の小窓を備えています。華やかなシーンで活躍するドレスウォッチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。



両面スケルトン仕様のケースを採用した、個性的な高級腕時計です。手巻き式ムーブメントを活かしたメカニカルなデザインが魅力。ステンレス製のベゼルにはビスが打ち込まれており、無骨な雰囲気をプラスしています。

ムーブメントの連続稼働時間は約72時間。普段使いに便利な10気圧防水も備えています。ユニークなデザインながら落ち着きがあり、幅広いファッションに合わせやすいおすすめの高級腕時計です。


【関連記事】:http://sienta.top/

いい男の理想と現実。「セイコー ガランテ」のふたつの個性

2005年に誕生したセイコー ガランテは、“自己の解放”をコンセプトに、国産時計では稀少な大胆な個性とストーリーを感じさせる世界観に磨きをかける。センシュアルでラグジュアリーなスタイルは大人の男心を秘めている。

どんなにワルぶっていても性根は優しかったり、あるいは大人しい外見にもかかわらず、内には大いなる野心を秘めていたり。時計スーパーコピー単純なようで複雑な対極を、男なら誰でも併せ持つのかもしれない。そしてその振り幅が大きいほど魅力も増す。

「セイコー ガランテ」が示すふたつの個性はそんな男の理想像だ。

破壊の美学は新たな創造へとつながる
スプリングドライブ
「SBLA105」



建築物を想起させる、ケース4隅の円柱(エンタシス)は、ブランドのシンボルであるというだけでなく、外装パーツをつなぐビスとして、分解可能な構造にするための機能性を併せ持つ。そのうち3カ所にダイヤモンドをセッティングし、文字盤の上板にはマザーオブパールを採用。ムーブメントは独自機構のスプリングドライブを搭載し、高精度にしてGMT針と72時間のパワーリザーブ表示を備える。 数量限定50本。SSケース、44.9㎜径、スプリングドライブ。100万円/セイコーウオッチ ︎0120-061-012
SBLA105は、創世記の楽園をモチーフにした蛇とりんごのグラフィックをベゼルに配し、安寧の世界をイメージさせるデザインにあえてクラッシュを入れることで、破壊によって得る満足やエゴイズムを表現する。

多層構造の文字盤は、渦巻きパターンのギョーシェを施した下板を露わにし、中板と上板に大胆に入った裂け目が衝撃の大きさを演出。さらにえぐり取られたケースやひび割れたパターンを入れた風防など細部までこだわっている。

重なり合う2本の針は2人のシルエット
メカニカル
「SBLM009」


ワインレッドの文字盤は、中央に花形のギョーシェ彫りを施し、その周縁はレコードパターンを刻む2層構造になっている。“G”をモチーフにしたオープンワークフレームとダイヤモンドセッティングも美しいコンビネーションを見せる。24時間の目盛りとともに、Gと女性記号を象ったGMT針を装備し、それと同色のゴールドで統一された秒針は男性記号を表す。グランドセイコー コピー セイコープレミアムブティックおよびセイコープレミアムウオッチサロン限定モデル。数量限定100本。SSケース、45㎜径、自動巻き。60万円/セイコーウオッチ ︎0120-061-012
それとは対照的なもう一本のSBLM009は、ブランド名の頭文字である“G”をグラフィカルなオープンワークで施した文字盤が万華鏡を思わせる。合わせ鏡のようなそのデザインは仲睦まじいカップルの姿のよう。さらに女性記号と男性記号をそれぞれ象ったGMT針と秒針のコンビネーションも微笑ましい。

さてこのふたつの個性のどちらにあなたは惹かれるだろう。それは普段隠されていた本音をさらけ出すことになるかもしれないし、あるいは自分にはないものへの憧れがその一本を選ばせるかもしれない。

いずれにしてもそれは男にとっての理想像であることに間違いはない。そして腕に着けた瞬間、いい男の理想と現実は一致するのである。

【関連記事】:人気のエディターズバッグを始めニコール愛用のサングラス等

海を愛する40代に捧げる、空の王者「ブライトリング」の新作。

ブライトリングと聞いて誰もがまず思い浮かべるのが、パイロットウォッチなどの時計、つまりは“空の王者”といったイメージだろう。

だが“プロフェッショナルのための計器”という精神は、海の奥深くにまで向けられる。挑戦を続ける歴史の結実が「スーパーオーシャン ヘリテージ Ⅱ」だ。



腕時計は下と同じ。コート12万8000円/シーラップ(ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686)
ブライトリング初のダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」は2017年で60周年を迎えた。ウブロ 時計 メンズ世界的な海洋探査と開発が本格化したのは1950年代半ばのことだ。潜水器スクーバを開発した海洋学者ジャック・イヴ・クストーは、調査船カリプソ号の航海による海洋記録映画『沈黙の世界』を発表し、世界的なヒットになった。

海は空と同じように未知の世界であり、好奇心とチャレンジ精神をかき立てたことは想像に難くない。そしてブライトリングは海洋分野への進出を計画。プロフェッショナルやミリタリーダイバー向けに1957年に開発したのが「スーパーオーシャン」だった。

やがてサーフィンブームの到来とともに、200m防水の本格プロ仕様はレジャーダイバーやマリンスポーツ愛好家から絶大な信頼と人気を獲得。この初代デザインを現代に受け継いだのが「スーパーオーシャン ヘリテージ Ⅱ」なのである。

「SUPEROCEAN HERITAGE(スーパーオーシャン ヘリテージ Ⅱ)」



SSケース、46㎜径(右、左)、42㎜径(中)、自動巻き。[右]48万円、[中央]49万円、[左]71万円/すべてブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)
分針もペンシル型から剣型に変え、細部まで初代モデルに近づいた。42㎜径、46㎜径、46㎜径クロノグラフという3タイプに、それぞれブラック、ブロンズ、ブルーのカラーバリエーションを揃える。

ブラックは同色、ブルーはシルバーのメッシュブレスレット、ブロンズはレザー×ラバーストラップをそれぞれのテイストに合わせて組み合わせる。COSC認定クロノメーターである自社製造ムーブメントCal.B20は、70時間のロングパワーリザーブを誇る。

単なる懐古ではなく、熟成進化。そこに海への飽くなき探究心が宿る

最新作ではベゼルのリングに耐傷性や耐候性に優れるハイテクセラミックスを採用し、風防との間にあったメタルリングを省くことでスムーズな一体感を与える。中身に関しても3針モデルは自社製造の新たなキャリバーを採用。初代の誕生から60年を経た今も進化を止めない。

いわば、年月を重ねて熟成された名機。だからこそ、ただがむしゃらに海へ向かうのではなく、経験を積み、波を浜辺から眺める余裕を持った大人にこそ似合うのだ。


【関連記事】:ブランド時計、バッグ、財布、靴、小物など、グッとくるアイテムが今だけのセール価格で手に入れられる!