記事一覧

ヴィルレのモンブラン マニュファクチュールについて

ヴィルレにあるモンブランのマニュファクチュールは、伝統的なハンドクラフトによる装飾が施されたジャーマンシルバー(Maillechort)のプレートやブリッジなど、主要な部品を全て自社で製作し、ムーブメントを製作するためのあらゆるノウハウ、技術、機械のすべてを保有する特別な場所です。

さらに、ヒゲゼンマイを自社で製作し、これをテン輪に組み立てるノウハウを持った数少ない工房です。カルティエ 時計 バロンブルーテン輪はムーブメントの振動数を管理する非常に複雑かつ古くから伝わる機構です。 ヴィルレのような場所は時計製造の世界でも稀有です。さまざまな金属の延べ棒が加工を待つ地下室から、時計職人がムーブメントを組み立て、時計をケースに収める作業を行う最上階まで…。

最終組み立て段階に入る前に、マニュファクチュールの伝統的な仕上げ工房で、コート・ド・ジュネーブ装飾、内角、サーキュラーグレイン仕上げが行われるともに、伝統的な技術を踏襲し、地元のリンドウの茎を使って最終的な面取り仕上げがなされます。



モンブランの時計作りは、スイスのジュラ山脈にあるル・ロックルとヴィルレを拠点とする2つのマニュファクチュールがひとつになったユニークな組織によって築かれています。

モンブランの時計製造の歴史は、 サンティミエ渓谷にシャルル=イヴァン・ロベールが時計工房を設立した1858年にに始まりました。これが、歴史的なミネルバ時代の幕開けとなりました。19世紀末までに、ミネルバのポケットウォッチは、リューズ操作による手巻き方式によって世に知られ始めました。ミネルバ マニュファクチュールの成功により、ミネルバは20世紀の間に、高精度でごく短時間の間隔を計測するためのプロ仕様ウォッチ(ストップウォッチおよびクロノグラフ)の第一人者となりました。

モンブランの時計は今日、スターレガシー、ヘリテイジ、タイムウォーカー、1858 の4つの製品ラインを持ち、高級時計製造の分野で160年以上続くミネルバの歴史の旅を続けており、デザインやスタイル、技術革新を通して過去と現在を結びつけています。

【関連記事】:キーワードをおさえて今年らしいファッションを楽しみましょう

タグホイヤー W&W2021年新作は 生まれ変わったアイコンウォッチ 「アクアレーサー」のニュー コレクション!

スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、スイス ジュネーブで行われた「Watches & Wonders(ウォッチ & ワンダー)」にて様々なシーンに対応するタグ・ホイヤーのラグジュアリーツールウォッチを発表しました。自身の限界への挑戦や海の探検など、可能性を押し広げるアクティブでスタイリッシュなウォッチが、新たに鮮やかなスタイル、新たな素材、新たな耐久性で登場しました。


新世代モデルの名は「アクアレーサー プロフェッショナル300」。この時計は大胆でエレガント、高機能でありながら汎用性の高い、非常に堅牢な腕時計です。様々なシーンで取り入れやすいデザインで、厳しい自然環境に耐えうる設計は、タグ・ホイヤーのアヴァンギャルドな精神の象徴です。その特徴的な12面カットのベゼルに代表される、その特徴的な12面カットのベゼルに代表される、一目瞭然の印象的な美しさと高スペックを誇るアクアレーサーは、紛れもなくモダンなモデルでありながら40年以上の続くコレクションの歴史を紡いできました。



この歴史は1978年に発売されたダイバーズウォッチ、ホイヤーRef. 844に始まります。このモデルのダイヤルデザインは特徴的で、レッドの24時間目盛り、光るアワーマーカー、安全な潜水時間を計るために見やすい分目盛り付きの回転式ダイバーズベゼルが備わっていました。信頼できるダイバーズウォッチの業界標準となり、世界中で多くのプロダイバーやアマチュアダイバーに採用されました。この時計の発売以来40年、世界一有名なシークレットエージェントも着けたナイトダイバーや1000シリーズ、2000シリーズなどの記念モデルを通じて、タグ・ホイヤーは常にダイバーズウォッチのデザインと性能の限界に挑戦し続けてきました。Ref. 844はコレクターのお気に入りとなっています。

【関連記事】:福岡県の高級ブランド情報

ピーターラビット(TM)とセイコーウオッチの コラボレーション限定モデル

株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツは、日本におけるマスターエージェントとしてライセンスを管理する「The World of Beatrix Potter(TM)/Peter Rabbit(TM)」において、『ピーターラビットのおはなし』私家版出版120周年を迎える今年、同じく創業140周年というアニバーサリーイヤーを迎えるセイコーウオッチ株式会社と、コラボレーション限定モデルを発売します。



●BEATRIX POTTER(TM) PETER RABBIT(TM) Special Edition: ©FW&Co.,2021

本作は、『エルメス時計 メンズ』私家版出版120周年という記念すべき年に誕生した数量限定モデルです。
デザインには色とりどりの花の中で佇むピーターラビットを優しいタッチで描いた人気シリーズ、「Linear Meadow」(リニアメドゥ)を採用しました。
ダイヤルはもちろん、ストラップの裏面、スペシャルボックスにまで「ピーターラビット(TM)」の愛らしい世界観を表現しています。



バンドの裏面には、人気の高い「Linear Meadow」シリーズの柄をデザインしています。ピーターラビットとたくさんの色とりどりの花が優しいタッチで描かれています。



ピーターラビットが佇む姿が可愛らしいダイヤルデザインは、ナチュラルな優しい色合いで表現しています。スーパーコピー時計軽やかな春のファッションにマッチするホワイトのカーフストラップの先には、後ろ姿のうさぎがさりげなくあしらわれています。


【関連記事】:青森県の最新ファッションブランド

BRAUNが 創立100周年を記念したアニバーサリーウォッチを発売~ブランド初の機械式オートマチック・モデル

ブラウンといえば、日本では電気髭剃り(シェーバー)の印象が強いと思うが、本国ドイツでは、家電やオーデオ機器や調理器具などの総合メーカーであり、とりわけ、バウハウスの流れを汲む機能美に優れたデザインの秀逸さで、デザイン家電メーカーとして高い知名度を誇っている。

もちろんその守備範囲には時計もあり、1982年に発売されたディートリッヒ・ルブスのデザインによる壁掛け時計「カルティエ 時計 新作」は、後にニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久展示所蔵品にも選ばれている。

ということで、れっきとした"我が陣営"構成員でもあるわけだが、基本、ウォッチはクォーツが主で、しかもバウハウス・デザインにはグラスヒュッテにもその道のオーソリティがおられることもあって、なかなか紹介する機会がなかった。

2021年の今年、ブラウンは創業100周年を迎え、その周年記念作品が各種発売されている。
時計分野でも、「BC12D」という100周年モデルが出たとのニュースはあったものの、いかんせん目覚まし時計だったため躊躇していたところ、この度、ブラウンとしては初の自動巻きムーブメント搭載の腕時計が、100周年記念アイテムとして発売されたのだ!


BRAUN創立100周年を記念したアニバーサリーウォッチが登場。ブランド初の機械式の腕時計です。
直営店であるNORDIC FEELINGでは2021年6月11日(金)より先行予約開始、2021年6月18日(金)から全国の販売店で発売がスタートします。


2021年でブランド創立100周年を迎えたBRAUN。
ラジオ部品の製造会社からスタートしたBRAUNは、家電やオーディオ機器など様々な分野でそのデザイン性が評価されています。

40年に渡りチーフデザイナーとして活躍したディーター・ラムスの言葉
「Less, but better (より良いデザインは、より少ないデザインである)」や、“良いデザインの10カ条”は、現代のデザイナー達にも多大な影響を与えています。


●オートマチックモデル2型(カタログモデル)

全体をブラックで統一し、BRAUN製品のアイコン的なカラーでもあるイエローの針と、日付部分のレッドが目を引きます。風防にはキズに強いサファイアガラスを使用。スケルトン仕様のケースバックからは、機械式ムーブメントならではの歯車の稼働をご覧頂けます。


【関連記事】:http://yamada777.top

ミドー( MIDO)が 1937年製のマルチフォート マルチクロノを再現した「マルチフォート パトリモニー クロノグラフ」を発表

ミドー(MIDO) 1937年製のマルチフォート マルチクロノを再現した「マルチフォート パトリモニー クロノグラフ」を発売


レトロな外観に現代のテクノロジーを駆使したマルチフォート パトリモニー クロノグラフは、ミドーの最も古い、そして最もアイコニックなクロノグラフモデルのひとつである、1937年製のマルチフォート マルチクロノへのオマージュとして製作されました。ノスタルジックで機能的な美しさを備えたこのモデルは、文字盤を覆うガラスボックスサファイアクリスタルや、ケースと同じローズゴールド色のレトロな形状の針など、過去を彷彿とさせるデザインを採用しています。
また、このクロノグラフの心臓部であるムーブメントは現代の技術を駆使し最大60時間パワーリザーブを実現しました。



アイコニックなクロノグラフ
2021年夏の新作「マルチフォート パトリモニー クロノグラフ」は、100年続くブランドへのオマージュとして、ミドーの最も古い、そして最もアイコニックなクロノグラフモデルのひとつである、1937年製のマルチフォート マルチクロノを再現したモデルです。ケースには深みのあるローズゴールドカラーのPVD加工を施し、ドーム型の文字盤にはサファイアクリスタルの下にディープブルーを配しました。タキメータースケールと大きなプッシュボタンが、時を支配する者をいざないます。



●マルチフォート パトリモニー クロノグラフ


往年のエレガンス
かつてのタイムピースのように、ノスタルジックで機能的な美しさを備えています。このモデルは、文字盤を覆うボックス型のサファイアクリスタル風防や、ケースと同じローズゴールド色のレトロな形状の針など、過去を彷彿とさせるデザインを採用しています。



サンレイ仕上げの文字盤には、ホワイトのアラビア数字のアワーサークル、縁にタキメータースケール、3時と9時位置にスネイル仕上げのクロノグラフカウンター、6時位置に日付表示が配されています。ローズゴールドカラーのPVD加工が施されたステンレススチール製ケースは、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げが交互に繰り返されます。また、マッシュルーム型のプッシュボタンが、時計としての魅力をさらに高めています。


【関連記事】:秋田県の最新ファッション