記事一覧

A.ランゲ&ゾーネ『オデュッセウス』

A.ランゲ&ゾーネ 「オデュッセウス」、遂に実物を腕に。

高級ドイツ時計らしい気品はそのままに、ブランド時計 コピータフでアクティブなエレガンスを兼ね備えた新たなランゲファミリーの一員。

ラグジュアリースポーツジャンルに堂々鎮座。


見た目だけでない、A.ランゲ&ゾーネらしいスポーツウォッチ。

極めて明快なデイ・デイト表示をダイヤルの左右に配したランゲらしい表情はユーザーの使い易さに配慮。

その上12気圧の防水性を誇る、ケースとリューズの操作性の高さはランゲ特有の高級感に満ち溢れる。



開発期間10年をかけて生まれた、メゾン初のラグジュアリースポーツウォッチ『オデュッセウス』
ネーミングの由来はホメロス作の『オデュッセイア』の主人公の名。

10年に渡るトロイア戦争後の帰途、さらに漂流しオデュッセイアの苦難の10年を送った長編叙事詩。
A.ランゲ&ゾーネも10年のモデル開発期間になぞらえて この商品がネーミングされました。

この時計の完成度に奥行きを感じるのは実に10年に及ぶ開発期間があるからでしょう。



ブランド初の28800振動のハイビートムーブを搭載し、両持ちのバランスブリッジとなったことによる、オリス時計の評判高い衝撃性はスポーティな使用にも対応。

万全なる設計思想のもと、ムーブメントからしっかりと作り込みをしているのは、さすがランゲ&ゾーネだと言えます。

【関連記事】:女性に贈るプレゼント?ギフト特集

パテック フィリップが2021年度最大の大作「6301P」グランドソヌリを発表!

この数字を見ただけで、マニアは心弾ませるに違いない。
パテック フィリップの6千番台リファレンスといえば、「6002 スカイムーン・トゥールビヨン」、「6300 グランドマスター・チャイム」など鳴り物を含む超ハイエンド・モデルが主であり、パテック フィリップのグランド・コンプリケーションの、その最高峰の存在が連なるリファレンスだからだ!!



オフィシャルのトップページには次のように記された。

『パテック フィリップは、チャイム機構の最高峰とされるグランドソヌリに敬意を表し、これにプティットソヌリ、ミニット・リピーターを加えた最初の腕時計を発表し、時の音楽における比類のない巨匠としての技術力を今再び立証しました。これは愛好家、コレクターが長い間待ち望んでいた出来事といえましょう。703個の部品から構成された新しいムーブメントは、古典的な3ゴング、2件の技術特許に保護されたチャイム機構、および特許取得のジャンピング・セコンドを搭載しています。ニューモデルは、エレガントなプラチナ・ケースと、本黒七宝の文字盤を備えています。』

6301P、それは、代々のスターン・ファミリーが描き続けてきたグランドソヌリ・モデルだった!



今回の新作のもう一つの特筆点は、発表プレゼンテーションの方法だろう。

発表の一週間ほど前から、パテック フィリップの顧客あてにティエリー・スータンCEOから直々のメールが届き、11月10日に新作を発表すること、しかしお客さまには公式発表よりも早く新作に関する情報を独占的にお伝えするという案内があったのだ。
ネットがない時代には、新作情報を伝えるためには、ジャーナリズムやメディアの力を借りる必要があった。広告代を払い、早く良い記事を書いてもらうためにジャーナリストを優遇もした。
しかしこの現代、ブランドからはもちろん、一般ユーザーも直に情報発信ができる時代に、実はグランドコンプリケーション・モデルなど手にしたことのないジャーナリストと、パテック フィリップを所有しその良さを毎日味わっている顧客と、そのどちらを優遇すべきか、パテック フィリップの選択は実に自然な選択と言えるし、今後はそういう傾向になっていくのだろう。

【関連記事】:国内外のセレブの情報とトレンドウェア

オーデマ ピゲより、キャロリーナ・ブッチのK.I.S.S.コレクションがセレクトされたAP ハウスとブティックにて発売~日本は名古屋ブティックで取り扱い

オーデマ ピゲより、キャロリーナ・ブッチのK.I.S.S.コレクションがセレクトされたAP ハウスとブティックにて発売


スイスのオートオルロジュリー マニュファクチュール、オーデマ ピゲは、ジュエリーデザイナー、キャロリーナ・ブッチのコレクションK.I.S.S.を発表しました。
K.I.S.S.(Keep It Super Simple できるだけシンプルに)は2020年12月、APハウス ロンドン、香港、バルセロナ、そしてAPブティック名古屋、ダラスで発売されました。オーデマ ピゲの機械式ウォッチの鼓動するハートにインスパイアされたこのゴールドブレスレットとネックレスのコレクションは、デザイナーとマニュファクチュールの長年にわたる提携へのトリビュート。とてもシンプルなこのジュエリークリエーションは、先祖代々伝えられてきた複雑なノウハウを秘め、ゴールドから何を生み出すことができるかを探っています。オーデマ ピゲの未来志向的なアプローチと伝統的なクラフツマンシップに共通する価値があります。



ジュエリーコレクションのインスピレーションはオートオルロジュリー

キャロリーナ・ブッチの K.I.S.S. コレクションは2018 年、オーデマ ピゲとロイヤル オーク フロステッドゴールドの限定モデルを提携した時に構想が生まれました。機械式ウォッチの不思議な魅力にとらえられた彼女は、もしムーブメントがスペースの制約にとらわれずに、手首やデコルテでその複雑性や精度を自由に表現するとしたらどうなるかと想像しました。


「クラフツマンシップは偉大なもの。
デザインと機能の簡潔さは
シンプルなものへの
ごく自然な志向があるでしょう。」
キャロリーナ・ブッチ(ジュエリーデザイナー)


その成果は:二つのサイズと複数のカラーで展開したゴールドのブレスレットとネックレス。
機械式ウォッチのテンプを18K ゴールドのしなやかなコイルであざやかに表現しました。エスケープメント機構の一部であるヒゲゼンマイは、取り付けられているテンプの振動数を制御することにより、針のスピードを調整します。

キャロリーナ・ブッチの幅広のブレスレットはさらにもう一歩進め、2016 年に導入されたオーデマ ピゲのダブルバランスホイール エスケープメントにインスピレーションを求めました。特許保持のこの調整システムは二つのテンプとヒゲゼンマイが同じ軸上に組み込んでおり、完璧にシンクロ作動させることにより精度を向上させます。ムーブメントの両側から見ることができ、今日のオートオルロジュリーらしいデザイをアピールしています。この時計づくりのイノベーションへのトリビュートとして、キャロリーナ・ブッチはラージブレスレットのしなやかなゴールドスパイラルの中に、コントラストカラーのコイルをつけ加えました。


【関連記事】:https://luyuanyuanyv827.wordpress.com/

ウブロ ~ 村上隆とのコラボモデルを発表: クラシック・フュージョン タカシムラカミ オールブラック

HOME > BLOG > ウブロ ~ 村上隆とのコラボモデルを発表: クラシック・フュージョン タカシムラカミ オールブラック
ウブロ ~ 村上隆とのコラボモデルを発表: クラシック・フュージョン タカシムラカミ オールブラック

LVMHウォッチウィークが始まってすぐ、銀座のウブロブティックと、スイスの本社をつないで、「バーチャル 対談」が行われた。誰でも見れるイベントだったので、読者の中にも見られた方は多いだろう。

オンラインイベントにて紹介済みということで、一部の人には「オールドニュース」かもしれないが、この特別なモデルを改めてご紹介したい。スーパーコピー時計もちろん、実機写真や動画もあるので、最後までご覧いただきたい。

ちなみに、オンラインでの紹介後、予約が殺到し完売必至のようである・・・。

クラシック・フュージョン タカシムラカミ オールブラック

時計が芸術作品になる時。「クラシック・フュージョン タカシムラカミ オールブラック」は、時計と芸術作品、それぞれの境界を超えたタイムピースです!日本人アーティストとの初のコラボレーションに際しウブロは、創造の領域を広げ、村上隆氏のアートの象徴である「お花」をテーマに新たなダイナミズムを開発しました。


Hublot loves Art! 私たちは、言葉を習得する前から歌を口ずさみ、文字を書けるようになる前から絵を 描きます。また、なんとか歩けるようになると、ダンスをするようになります。アートは、まさに人間の礎で あり、「アート・オブ・フュージョン(異なる素材やアイデアの融合)」という哲学を通じてウブロが掲げてきた真実です。ウブロのアンバサダーチームに、今回、世界で最も活躍中の著名なアーティストの一人、 村上隆氏が初めて仲間入りします。 村上氏のビジュアル的に非常にモダンなスタイルは、日本の伝統とポップカルチャーが繊細に交差しています。 村上氏は、日本画で用いられる金箔などの伝統的手法と 最先端のマルチメディアツールを組み合わせることで、それを見事に実現しています。コンテンポラリー アートの世界において誰もが認めるロックスターである村上氏は、自身が始めた芸術的なムーブメントを 「スーパーフラット」と命名しています。



2020年2月、ウブロのマニュファクチュールを初めて訪れた村上隆氏。この訪問は、村上氏が時計職人の仕事とタイムピースのデザインについて詳しく知る機会となりました。これをきっかけに始動し、 クリエイティブなプロセスを経て誕生したのが、「クラシック・フュージョン タカシムラカミ オールブラック」 です。このモデルは、村上氏のアイコンである「ブライトリング コピー」にインスパイアされた非常に革新的なタイムピースで、その内部と表面には、「お花」モチーフがあしらわれています。また、ウブロのエンジニアが開発した 精巧なボールベアリングシステムにより、花びらが回転する仕組みです。さらに、「お花」の中心部は サファイアガラスにインサートされており、人目を引くスマイルと共に、ユニークな3D効果を演出しています。

【関連記事】:【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ