記事一覧

高級ウオッチブランド<クレドール>

高級ウオッチブランド<クレドール>の、都会的でエレガントな人気シリーズ「Linealx(リネアルクス)」より、「日本の水紀行」をデザインテーマに伊万里鍋島焼のダイヤルを採用した限定モデルを、7 月10 日(金)よりクレドールショップにて発売いたします。希望小売価格は4,950,000 円(税込)(税抜 4,500,000 円)で、販売数量は10 本です。


RM 72-01 オートマティック フライバック クロノグラフ
ケースサイズ:38.40×47.34mm
ケース厚:11.68mm
ケース素材:グレード5チタン
防水性:30m
ストラップ:ラバー
ムーブメント:Cal.CRMC1(自社製)、約50時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、39石
仕様:時・分・秒・日付表示、2時位置に60分積算計(オレンジ)、3時位置にファンクションインジケーター、5時位置に24時間積算計(グリーン)、9時位置に秒針(ブルー)、7時位置に日付け、グレード5チタン製ベゼル、カーボンファイバー製インナーベゼル5NレッドゴールドとブラックTZPセラミックス製製リューズ
日本は世界的に見ても珍しく海と山が近い風土を持ち、大陸とは異なり川の風景は、源流から河口まで様々な表情に変化します。
上流の急峻な山々から湧き出た水は勢いよく駆け下り、渓谷の中では時として「水暖簾(みずのれん)」と呼ばれる美しく広がった滝となります。スーパーコピーブランド中流では、山から平野部に出てきた水が「せせらぎ」となり、穏やかに、場所によっては荒々しくもある表情を見せます。下流になると、川幅が広がり日の光を受けた「流水」は美しく光り、長閑な風情を漂わせます。

本作は、そのような豊かな表情を持つ「日本の水紀行」のうち「水暖簾」に着目した模様を、クレドールが持つ芸術性のもと、熟練の匠による高度な技で表現しました。


本作は、日本の代表的な磁器である伊万里鍋島焼の名門「畑萬陶苑」とのコラボレーションによるダイヤルを採用した新製品です。
17 世紀、ヨーロッパの王侯貴族たちを魅了し、「金」に匹敵するほどの高値で取引されたことから「白き黄金」と呼ばれた伊万里焼。リシャールミル 時計中でも伊万里鍋島焼は、「秘窯の里」と呼ばれる大川内山を拠点に育まれました。江戸時代に肥前佐賀藩鍋島侯の御用窯(※1)として、将軍家や諸大名に向けた献上品を門外不出の高度な技術によって製造していた歴史をもちます。畑萬陶苑は、その歴史と技術を背景に、伝統技術の担い手として昭和元年に創業した窯元です。


【関連記事】:ファッションブランド情報

バイ オーデマ ピゲにスモークブルーラッカーダイアルが新たに登場

オーデマ ピゲは「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」コレクションに新たにクロノグラフとオートマティックモデルを追加した。どちらのモデルも18Kホワイトゴールドケースに、サンバースト模様のスモークブルーラッカーダイアルを組み合わせている。オーデマピゲ 時計修理この深みのあるダイアルカラーは、2020年に18Kピンクゴールドケースと共に登場している。

ふたつの新しいモデルは18Kホワイトゴールドのケースを使っている。そして八角形のミドルケースを、極薄ベゼルと丸型のケースバックで挟むという複雑なアーキテクチャーを持つ。スタイリッシュなラグの風防側は極薄ベゼルに溶接され、ラグの裏蓋側はケースバックにそっと寄り添っている。このコンテンポラリーな構造をさらに引き立てるのがサテンブラッシュ、ポリッシュ面取りなどの仕上げだ。これはマニュファクチュールムーブメントの最高級仕上げと同一のものである。

ダイアル上の品格あるオーデマ ピゲのシグネチャーは、3Dプリントに似た電鋳加工という化学的プロセスで完成させるものだ。24Kゴールドのレイヤーを重ねて、美しいレタリングのサインを表すミニチュアロゴ。ひとつひとつの文字は、髪の毛よりも細いリンクでつながっている。このシグネチャーがダイアルに手作業で取り付けられ、肉眼では見えない微小な足で固定されている。


【関連記事】:各種人気腕時計の日常メンテナンス

モジュール式の新しいケース

1773年にパリで発行されたTraité des horloges marines(航海時計概論)でフェルディナント・ベルトゥーが著述したように、シリンダー型の銅製ドラムに守られたマリンクロックの機構は、彼自身が発明したジンバル・サスペンション・システムにより水平の位置に保たれます。



クロノメーターFB 2REのケースは、このマリンクロックの形とそのモジュール式構造に倣います。ムーブメントは30m防水のシリンダー型の18Kゴールド製コンテナに収められており、短くテーパのかかった同型のラグは、スタイリッシュなボルトでケースにしっかりと固定され、クロノメーターFB 2REを手首にフィットさせます。
10時位置に設けられたネジ留めされた枠のケースと水平な大きな窓からは、ムーブメントのピラー構造、香箱やそのチェーンなどがご覧いただけます。

直径44 mm、厚さ14 mmのラウンド型ケースには、強く丸みを帯びたドーム型両面反射防止加工のサファイアクリスタルが圧入され、凹面のカーブを描いたベゼルにより際立っています。ケースバックにもサファイアクリスタルが使用され、ムーブメントの卓越した美しさが鑑賞できます。



刻み目の施された大きなリューズは操作がしやすく、ムーブメントの巻上げも容易です。香箱が完全に巻き上げられると連結を外すダイナモメトリック・リューズには、ガードが取り付けられネジで固定されています。

クロノメーターの製作に使用されるゴールドは、クロノメトリー・フェルディナント・ベルトゥーの創始者および社長であるカール-フリードリッヒ・ショイフレが、自身で共同社長を務めるショパールで始めた倫理的調達(エシカルソーシングシステム)により調達されています。

ルモントワール・デガリテ機構搭載のクロノメーター フェルディナント・ベルトゥー FB 2REは、それぞれ10本限定のシリアルナンバー入りで18Kローズゴールド製ケースにブラックエナメル文字盤と18Kホワイトゴールド製ケースにホワイトエナメル文字盤の2種類のモデルをご用意しております。


【関連記事】:https://chaodingmb658.wordpress.com/