記事一覧

バイ オーデマ ピゲにスモークブルーラッカーダイアルが新たに登場

オーデマ ピゲは「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」コレクションに新たにクロノグラフとオートマティックモデルを追加した。どちらのモデルも18Kホワイトゴールドケースに、サンバースト模様のスモークブルーラッカーダイアルを組み合わせている。オーデマピゲ 時計修理この深みのあるダイアルカラーは、2020年に18Kピンクゴールドケースと共に登場している。

ふたつの新しいモデルは18Kホワイトゴールドのケースを使っている。そして八角形のミドルケースを、極薄ベゼルと丸型のケースバックで挟むという複雑なアーキテクチャーを持つ。スタイリッシュなラグの風防側は極薄ベゼルに溶接され、ラグの裏蓋側はケースバックにそっと寄り添っている。このコンテンポラリーな構造をさらに引き立てるのがサテンブラッシュ、ポリッシュ面取りなどの仕上げだ。これはマニュファクチュールムーブメントの最高級仕上げと同一のものである。

ダイアル上の品格あるオーデマ ピゲのシグネチャーは、3Dプリントに似た電鋳加工という化学的プロセスで完成させるものだ。24Kゴールドのレイヤーを重ねて、美しいレタリングのサインを表すミニチュアロゴ。ひとつひとつの文字は、髪の毛よりも細いリンクでつながっている。このシグネチャーがダイアルに手作業で取り付けられ、肉眼では見えない微小な足で固定されている。


【関連記事】:各種人気腕時計の日常メンテナンス